[Heian Residence]Hospitality staff BLOG
Heian Residence

Hospitality staff BLOG
  • HOME
  • Hospitality staff BLOG

伏見稲荷神社/本宮祭

2016.07.23 12:28 | Local news Events

皆様こんにちは、シバタです。

祇園祭の先祭が終わるのと同時に梅雨も明けました。よく「祇園さんが終わらないと、梅雨は明けない」なんて言われますが、まさしくその通りになったようで、昔の人の感覚と知恵はすごいもんだなぁと感心しきりでした。
明日の24日は後祭の巡行。四条通がにぎやかになりますね。

という様な日取りでございますが、あえて祇園祭ではなくタイトルにある伏見稲荷神社のお祭りを紹介しようと思います。

伏見稲荷神社。最近は外国人が行きたい旅行スポットナンバーワンに選ばれ国内外でも有名な神社となりましたが、私の家は神社から徒歩5分の距離にあります。
ですので、ふらりと散歩に行く感じで稲荷神社まで行くことが出来るんですね。

その本宮祭(もとみやさい)というのがどんなお祭りかと言いますと

”稲荷大神のご分霊を祀る全国の崇敬者が総本宮に参拝し、日々の御神恩に感謝する大祭で、宵宮には、稲荷山をはじめ境内の全域に散在の石灯篭・数千に及ぶ献納提灯に灯を点ずる万灯神事が行われます。”
(伏見稲荷神社 公式HPより)

というお祭りです。

※写真は去年に撮影したものです

お稲荷さんの朱塗りの鳥居や社殿に、赤い提灯が鈴なりに飾られた姿を、どこかで見られた方も多いのではないでしょうか。
この景色がとても幻想的なので、ネットでもよく目にします。

境内には夜店や盆踊りのやぐらが組まれ、普段とは違う夜の艶っぽい伏見稲荷神社を楽しむ事が出来ます。

今日は晴天ですので、絶好の夜祭日和!
伏見稲荷神社の本宮祭は、本日23日が宵宮。明日の24日が本宮です。

祇園祭シーズン到来

2016.07.05 10:10 | Events

7月です。今年の半分が過ぎ去り、梅雨と蒸し暑い季節が再び廻ってまいりました。
ご無沙汰をしております。シバタです。
色々な仕事やら打合せやらにぱたぱたと振り回されあれよあれよという間に更新時期が空いてしまいました。
不精をしてしまいましたが、私は元気です。

さて、タイトルの通り、7月の京都の中心部は祇園祭シーズンです。
7月1日、祇園祭の神事が始まる事を打ち合わせる吉符入(きっぷいり)が各山鉾町で始まります。
2日には巡行の順番を決めるくじ取式が行われ、今年の先祭の山一番は山伏山、後祭の山一番は浄名山に決まりました。
10日ごろからは鉾建がはじまり、釘を一本も使わず荒縄のみで木材を固定する技術を駆使して、大きな鉾が立ち並びます。
また10日の夜には八坂神社の御神輿が四条大橋まで担がれ、鴨川の水で洗い清められる神輿洗が行われます。

と、書けば書くほどいろんなネタが出てくるのですが、今回記事にした内容はこちらを参考にさせていただきました。

祇園祭のパンフレットです。
観光案内書にふらりと立ち寄ったら置いてあったので、何冊か頂戴してきました。
山鉾の概要や、各鉾の由来やテーマが日本語表記と英語表記がされてましたのでこれはちょうどいいのではないかと!

アンナさんとこの冊子を呼んでいますと、「LOVE Storyがテーマの鉾なんですね」とか「中国の話も多いですね」など、改めて鉾の由来を知ることが出来て興味深いものでした。
祇園祭の山鉾巡行までの期間に、部屋に1冊ずつおいておこうと思います!


ポストに

2016.02.18 12:39 | Events

皆様こんにちは、シバタです。
レジデンスのポストにこんなものが投函されておりました。

京都マラソンの沿道MAPと応援メガホン、そして交通規制の案内です。

そういえば、もうそんな時期なんですね~そういえば昨年の9月にはマラソンの記事をアップしておりました。

2016年は2月21日の開催。去年までは友人がマラソンに出場していたので早朝にスタート地点の西京極運動公園まで出向いて応援しておりました。
しかし、今年は友人も抽選に漏れて走る人もいないので、すっかり頭から抜けておりました。

昨年に引き続き、レジデンス前の冷泉通りは京都マラソンのフィニッシュエリアである岡崎公園へ続く道となっています。
マラソン当日はメガホンを組み立てて応援でもしてみましょうか。

ART AQUARIUM 二条城

2015.11.24 17:41 | Events

皆様こんにちは、シバタです。
前々回のアンナさんのブログ記事、いかがでしたでしょうか。
ヤマタノオロチ伝説が、ヨーロッパの聖ジョージのドラゴン退治の話と似ているというのは、面白いですね。
海外でも日本の伝説や神話と似通ったエピソードがあるという話をよく聞きます。
スペイン人のアンナさんからも、日ごろ話をしている中でも「それはスペインにも同じようなのありますね」という事を聞きます。そう思うと、世界は非常に近しいのかもしれませんね。

さて、下鴨神社の夜間拝観は終了してしまいましたが、今回ご紹介するのはまだ観に行ける夜のイベントです。
世界遺産の元離宮・二条城にて、12月14日まで『ART AQUARIUM』が開催されております。
水槽、金魚、ライトアップ、プロジェクションマッピング、それに着物や花魁、京舞をコラボレーションさせた煌びやかで美しい空間演出イベントです。

私は以前、大阪心斎橋の大丸で開催されたときに観に行ったのですが、今回は二条城の中での開催。
非常に楽しみです!

と息巻いて行ったのは良いものの、夜間の写真撮影でしたのでどの写真もブレブレ…
BLOGにアップできるましな写真と言えば、この2枚くらい…

絢爛豪華な世界は、実際に見に行ってくださいという事でしょうか。
12月14日まで開催していますので、実物をぜひご覧ください!

お土産の『金魚最中』はしっかりと写っておりました。
サクサクで可愛らしいお土産。

アートアクアリウム 公式ページ

京都国際マンガ・アニメフェア2015/KYOTO INTERNATIONAL MANGA ANIME FAIR 2015

2015.09.18 09:00 | Local news Events

皆様こんにちは、シバタです。
朝夕が徐々に涼しさを増し、半袖では少々肌寒くなる季節になってきました。
日の長さも夏の盛りに比べれば短くなってきましたね。『秋の夜長』に近づいてきました。
涼しく過ごしやすい秋の夜には、映画を観たり、音楽を聴いたり、そして読書をしたりと人によって過ごし方は様々だと思います。
私はもっぱら読書派。仕事帰りに意味もなく書店に立ち寄って、新刊をチェックしております。
シバタはまもなく30歳になろうという時節でございまして、これくらいの世代が言う『読書』には、当然のことながら『マンガ』も含まれているワケでございます。

本日は、そんなマンガやアニメのイベントについての記事です。

レジデンスから徒歩5分ほどの距離にあります「みやこめっせ」を会場に、『京都国際マンガ・アニメフェア2015』が9月19日(土)・20日(日)の2日間開催されます。


「京まふ」という略称でも呼ばれるこのイベントは2012年にスタートし今年で4回目。
マンガやアニメ作品、企業ブース、物販などの企画が行われるイベントです。
公式HPを見ておりますと「アレも出るのか」「コレも出るのか」という個人的には非常に楽しみなイベントでございます。

また、烏丸御池にある『京都国際マンガミュージアム』も別会場として企画が行われます。
みやこめっせとマンガミュージアムを結ぶシャトルバスの運行もあるようですので、少々離れた2会場を行き来するのも楽にできますね。

京まふ公式サイト

京都マラソン/KYOTO MARATHON 2016

2015.09.14 09:00 | Local news Events

皆様こんにちは、シバタです。
徐々に秋めいて過ごしやすい時分となってまいりました。
と言いましても季節の変わり目、体調を崩しやすい時でもありますのでお気を付けください(と言う私も若干鼻の調子が芳しくないのですが)。
盛夏を過ぎ涼しくなってきた街中では、以前にもましてランニングをする方の姿を見かける事も多くなりました。

市民ランナーが増えた一因は、やはり東京マラソンをはじめとして各地でのマラソン大会が数多く開催されるようになったからではないかと思います。
そうです、京都にも2013年からスターとした『京都マラソン』がありますね!
実はHeian Residenceの施設は、京都マラソンのコースすぐ横にあるんです!


※写真は2015年の京都マラソンです。
Heian Residenceの部屋から道路を見ると、そこがもうコースとなっています。
しかもフィニッシュエリアである平安神宮から徒歩5分の距離にあるので非常に便がいい。
さらにHeian Residenceの最寄りバス停である東山二条・岡崎公園口バス停から、京都マラソンスタート会場である西京極総合運動公園まではバスと阪急を乗り継いで最短で33分の距離です。
マラソンスタート時刻の9時には余裕で間に合いますし、荷物受付が確か8時ごろまでだったかと思いますが、それにも間に合います。

施設の目の前はゴール間近で選手を応援する人たちで賑わっています。

なぜこうオススメしているかと申しますと、友人が京都マラソンにランナーとして参加しているんですね。
大会当日は西京極まで行って応援しておりました(私は走りません)。
今年の京都マラソンでは、まだ部屋がオープンしていませんでしたので、私とその友人がちょっと利用させていただきました。
2月の京都は非常に寒いので、フィニッシュエリア近くに滞在可能な施設があるというのは大変便利なものでございました。

ご家族やご友人同士で京都にお越しいただき、マラソンを走る人、応援する人、そしてマラソン前後には京都観光というスケジュールも可能です。
京都マラソン2016は2016年2月21日(日)です。
京都マラソンを走って京都観光。皆様いかがでしょうか!

弘法市/"Kobo Market" in Toji.

2015.09.06 10:00 | Events

皆様こんにちは、マネージャーのシバタです。
いつの間にか9月になり、今年も4分の1を残すのみという現実に心底驚いております。

さて今回の投稿は、毎月21日に東寺にて開催される『弘法市』と、25日に開催される『天神市』。
京都の人間は、弘法市を「弘法さん」、天神市を「天神さん」と呼び親しんできました。
今回は2つの市のうち、弘法さんをご紹介いたします。

弘法さんへは近鉄『東寺駅』からのアクセスが便利。京都駅からたった一駅、歩いても十分出向ける距離ですのでぶらぶらと歩いてみるのも良いかもしれません。
東寺駅からは徒歩で10分ほど。駅からずーっと人並みが続いていますので、迷うことはないでしょう。

東寺が面する九条通りからも、シンボルの五重塔が見えるのでまず迷いません。

このようにズラーっと出店が並んでおります。

お漬物を売っていたり

竹細工の籠だったり

アンティークな着物だったりと様々です。着物は海外の観光客とおぼしき方々もお土産なのでしょうか、真剣に品定めをされていました。
あとは古道具や骨董を売られているお店も結構あります。そういったお店で『掘り出し物』をゲットする楽しみもありますね。

東寺の境内を散策するのも楽しいですよ。
時期によっては一面蓮の花が咲き乱れる風景を楽しむこともできます。写真ではまだ葉のままですが、ここ一面に蓮の花が咲く姿は素晴らしい眺めです。

弘法さんは毎月21日の開催。月に1度だけですので、その期間に京都へお越しになった際は一度足を運ばれてみてはどうでしょうか。
そして、その弘法さんも今年はあと4回だけなんだなぁ。と残り回数を数え再度さみしい思いにかられたシバタなのでした。

1 1ページ中1ページ目