[Heian Residence]Hospitality staff BLOG
Heian Residence

Hospitality staff BLOG
  • HOME
  • Hospitality staff BLOG

京都国立博物館

2016.11.13 16:25 | Recommendation

皆様ご無沙汰をしております、シバタです。
あっという間に季節は移ろい秋を迎えました。
レジデンス前の疎水の桜並木は色づき、道を鮮やかに彩るようになりました。

秋と云えば”食欲の秋”と”文化の秋”。
久しぶりに京都国立博物館へ展覧会を見に行ってきました。

11月27日まで『坂本龍馬展』を開催中。中学生の頃に『お~い龍馬!』を読んだものです。
そして京博(京都国立博物館)は大学で歴史を専攻している時代にはそりゃもう大変お世話になりました。
京博といえば、明治時代に開館した旧本館が目を引きます。

設計は赤坂迎賓館や神宮徴古館を設計した片山東熊。明治期の洋風建築の代表する建築家の一人です。
2013年に新館である『平成知新館』が完成した後は『明治古都館』と呼ばれています。
この日は晴天に恵まれ、素晴らしい秋晴れでした。

そしてこちらが『平成知新館』。普段は平常展に使われていますが、坂本龍馬展ではこちらが会場となっていました。

会場1階のロビーに飾られた龍馬像。龍馬の銅像といえば生まれ故郷の高知県桂浜にあるのが最も有名ですが、こちらは長崎県長崎市の公園にある龍馬像です。長崎も龍馬と縁深い土地ですね。

さて展覧会はと言いますと、龍馬の手紙を中心とした面白い内容のものでした。
自由奔放な性格であったと伝わる龍馬の手紙は、140通ほどが現存しているようです。
姉の乙女さんにあてた手紙、姪の春猪、奥さんであるお龍、海援隊の家族や桂小五郎への手紙など、龍馬が考えていたことの一端が垣間見える面白い展覧会でした。
また、龍馬が殺害された近江屋の部屋にあった掛け軸や衝立も展示してあります。薄くなってきてはいますが、当時の血しぶきの跡が今でも確認することができる貴重な資料です。

久々の京博を堪能した一日なのでした。

うどんのお店/石臼うどん専門店 麺達

2016.09.02 15:02 | Shops & Food Recommendation

皆様こんにちは、シバタです。
9月になりましたね。街行く人々の雰囲気も、観光客の姿は少し減った印象を受けます。
街の空気も、真夏に比べると湿気が少なくなったような。
日が落ちるのも早くなりましたね。

そんな秋の気配を感じる少し前、スタッフのアンナさんとお掃除の合間にレジデンスの周辺でお昼ご飯を食べるお店を探しておりました。
事務所からは少し離れた場所にレジデンスはありますので、なかなか周辺でお昼を食べる機会が無いんですよね。

そんな中、二条通りをうろうろとしていたところこんなお店を発見しました。

最近できたと思われる外観。石臼引きうどんの専門店のようです。
メニューを見てみると

ざるうどん!この日は結構暑かったので、つるつると食べれる冷たい物を探していたところです!
熱中症になる前に店内へ。

店内はカウンターのみ。ご主人一人で切り盛りをされているご様子。
アンナさんは『石臼ざるうどん・紀州梅・十勝産とろろ』のセットを。
私は『石臼ざるうどん・プチ天丼』のセットを注文しました。

待つことしばらく。
「プチ天丼です」と出てきたのは

……プチかなこれ?

十分これで大きいですし天ぷらが長い!そして天ぷらが具だくさん!
エビが二匹、ロングなカニカマ、さやえんどう、紅ショウガにちくわと6種もの天ぷらが乗った”プチ”天丼。
これとお味噌汁でってのでも十分なボリューム。
しかも目の前で天ぷらを揚げてくれるので、揚げたて熱々でサクサクな天ぷらが楽しめます。

そして出てきたうどんは

間違いない、コレ美味しいうどんだ。

うっすらと色づいたうどん。小麦粉の色や粒が残っているのが分かります。
出汁にくぐらせて手繰り寄せると、触感はモチモチ!しっかりと腰と味のある美味しいおうどんです。

ご主人に話を伺うと、季節ごとにうどんのメニューを変更しているとのこと。
冬場は釜揚げにしたり、9月でも上旬はまだざるうどんを出しています。とおっしゃってました。

メニューも日本語・英語・中国語と、海外からの観光客にも優しいお店です。
自分たちが入った時も、カウンターには海外のお客さんでいっぱいでした。
『お客さんはいっぱいだけど、静かなお店だなぁ』と思っていましたが、隣でうどんを食べるアンナさんを見て納得。
そうか、海外の人はうどんを”すする”ってに不慣れだから、みんな静かにちゅるちゅる食べているのね。

公式Facebookページ
【 石臼うどん専門店 麺達 】

コロラドのジェラート

2016.08.09 10:30 | Shops & Food Recommendation

皆様こんにちは、シバタです。ついに8月ですね。
前回のブログで書きました愛宕山の千日詣りの後遺症(筋肉痛)が少し残っているような…日々の怠惰な生活を反省させられます。
しかしながら怠惰というものは魅力的なものでございまして、暑い最中にクーラーの効いた涼しい場所で食べるアイスクリームなど格別なものです。

と言うわけで無性にアイスが食べたくなりましたので足を伸ばしてまいりました。
祇園にあります喫茶店『コロラド』。場所としては祇園花月の裏手ほど。
ここのジェラートが一押しで美味しいのです!

お店の外観。”カフェ”ではなく”喫茶店”という言葉が似あう雰囲気です。
祇園町にある事から、お店のお客さんは夜のお仕事をされる方が多いように思います。
あと、最近は祇園花月が出来たので出演される芸人さんもよく訪れるとの事。

そして、これがコロラドのジェラート!
味もたくさんあり
・バニラ
・ココア
・丹波きなこ
・ゆずミルク
・ラムレーズン
・抹茶
・チョコミント
・ミルクティー
などなど。

お値段はジェラート1個が500円。2個で600円。
そりゃ2個にするに決まっています。
バニラとチョコクッキーをチョイスしました。
うーん美味しい!

店内に入らなくてもジェラートはお持ち帰りが可能。
ジェラートの他にもサンドイッチや牛スジを使ったカレー、さらには『名物エビフライ弁当』なんかもあります。
祇園周辺に来られた際は、ぜひご賞味ください。

東映太秦映画村

2016.02.11 20:00 | Recommendation Others

皆様こんばんは、シバタです。
本日は夜の更新となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
夕食を食べてTVを見ながらという方も多いかと思います。

さて、私はこんなところに行ってまいりました。

流石は京都。時代劇の舞台になりそうな街並みが残っています!


というのは冗談半分、本気半分。
シバタは太秦映画村に行ってまいりました!

わたくし、時代劇が超好きなもんでしてね……いいですよ……。

最寄り駅は嵐電の『太秦広隆寺駅』。駅から徒歩5分ほどの場所です。
正面入り口の大手門。お城の正門とされる大手門を模したつくりです。

中に入るとそこは時代劇のオープンセットが広がります。

遊郭である吉原だったり。

新選組の屯所だったり。

長屋裏にあるお社だったりと様々です。

有料ですが侍やお姫様、忍者の衣装を身に着けて写真撮影ができたりもします。
オープンセットは撮影自由。この日は遠足でしょうか、小学生が来て村内を走り回っていました。
気分は火付け盗賊改め方なのかもしれません。

また、東映と言えば『仮面ライダー』や『スーパー戦隊シリーズ』も有名です。
歴代のライダーやスーパー戦隊に出会えるコーナーもありますので、お子様と一緒でも楽しめますよ!

もしかしたら、これもお子様よりお父さんやお兄さんが楽しめるかも(笑)。

太秦映画村は個人的なお勧めスポットです!

スターバックスコーヒー三条大橋店/Starbucks Coffee

2015.06.22 19:19 | Shops & Food Recommendation

皆様こんにちは、マネージャーのシバタです。
突然ですが、皆様はカフェなぞお好きでしょうか?
私は大好きです!
仕事終わりに本屋へ行き、購入した本をカフェでゆっくり読みながらコーヒーを飲む。最高です。

京都には新旧いろいろなカフェがたくさんあります。純喫茶と呼ばれるようなお店から、深夜までやっている新しいお店まで、本当に様々。
そんなカフェ事情もおいおい記事にするとして、今回ブログに書きますのはスターバックスコーヒー三条大橋店です。

「なんだ、大層な事言っておいて結局スタバか」
とお思いかもしれませんが、この三条大橋店は少し違うのです。
京都の夏、五条から二条にかけての鴨川べりに、ずらりと『床(ゆか)』という木組みのやぐらが立ち並びます。
鴨川を抜ける風を楽しみ、『床』で夕涼みをしながら食事をするというのが風物詩となっています。
このスターバックスコーヒー三条大橋店では、その風物詩である『床』でコーヒーの飲むことができるんです。

日によっては床でコーヒーを飲みたいお客さんが列をなしているんですが、今日は並ぶことなくスムーズに席に着くことができました。
周囲を見回すと結構海外からの旅行者と思しき方々も。

真夏の時期は夕方、少し日が傾いてからの時分が涼しくなって良いと思います。
日中は屋根など無いので本当に暑いのですが、それはそれで京都の夏を味わうという意味では良いのではないでしょうか(水分補給はしっかりと)。
この『床』が楽しめるのは5月~9月までの期間限定。
全国各地にあるスターバックスコーヒーのコンセプトストアの一つとの事です。
京都にお越しになられた夕方、スタバの床で夕涼みというのも面白いかもしれません。

京都文化博物館/The Museum of Kyoto

2015.06.22 18:51 | Local news Recommendation

こんにちは、シバタです。
前回の投稿より少し日にちが空いてしましました。
その間に列島全土が梅雨入りし、夕立のような大雨に振られることもしばしば。
皆様は、梅雨の時分いかがお過ごしでしょうか。
私はマネージャーとして日々忙しく過ごしております!(忙しいのは良い事です)

と、言いましても、やはり息抜きは必要。息抜きがあってこそ、日々の仕事も頑張れるというものです。
という事で、仕事を少し早目に切り上げて事務所の近くにある『京都文化博物館』へ行ってきました。
京都文化博物館は『文博(ぶんぱく)』の名前で親しまれております。

もともとは日本銀行京都支店として使用されていた建物で、明治39(1906)年に竣工した建物。
設計したのは日本銀行本店や東京駅丸の内口を設計した辰野金吾とその弟子長野宇平治。
明治の重厚な近代建築を今に残しています。
昭和40年までは銀行として使われていましたが、博物館としては昭和63(1988)年から使用されています。

ホールは展覧会や音楽会で使用できるスペースとなっています。
ちょうど聖歌隊の練習をしており、博物館が面する三条通までその歌声が響いていました。

大学で歴史学を専攻しておりましたので、こういった美術館・博物館は大好きな私。授業でもお世話になりました。
この時には『特別展 大関ヶ原展』を開催しておりました。こちらもとても面白く図録を購入して帰宅。


別館・本館ともに京都土産のコーナーや、金庫室を改装したカフェがあったりと、四条・三条周辺をぶらぶらした後に一休みするにももってこいの博物館です。
次回は8月22日から『レオナルド・ダヴィンチと「アンギアーリの戦い」展』をするとの事なので、こちらも行かねばならぬ。と心に決めたのでした。

京都文化博物館 公式サイト

錦の豆乳ドーナツ/Doughnuts made from soy milk.

2015.06.06 16:24 | Shops & Food Recommendation

皆様こんにちは、入梅の時期となりました。マネージャーのシバタです。
晴れの日はまださわやかな風が吹いていますが、もうしばらくすると湿気が多くなってまいります。
雨の時期は雨の良さがあるんですが…せっかくの旅行で雨というのも億劫ですよね。
そんな時は、傘が不要なアーケードがある四条・三条周辺をぶらついてみてはいかがでしょうか。

という事で、雨でも安心アーケードがある市場『錦市場』でのオススメのお店をご紹介いたします。
錦市場には数多くのお店があり、ここ5年ほどで食べ歩きができるお店が随分と増えました。
数あるお店の中で私がおススメしますのは『京とうふ 藤野』さんの『錦市場 こんなもんじゃ』の豆乳ドーナッツです。

私が子供のころからなんで、少なくとも10年以上前からあるんじゃないでしょうか。
家族で四条方面に出た時には、必ずといっていいほどこちらで豆乳ドーナッツを買っていました。

最近は修学旅行生や海外の観光客にも人気のお店です。
いつもはズラーっと列を作って待っているんですが、この日は人も少なくすぐに買うことができました。

紙袋もシンプルで、味があります。

肝心のドーナッツはと言うと

ちょうど一口サイズ。
熱々の揚げたて。サクサクとした食感と豆乳の軽い口当たりがたまりません。
10個入り(300円)なんてあっという間に食べ終えてしまいます。

雨の日にぶらつくには錦市場周辺は最適ではないでしょうか。
錦にはまだまだたくさんのお店がありますので、今後もおすすめを紹介していきますね。

錦市場 こんなもんじゃ

京都御所/Kyoto Imperial Palace

2015.05.23 10:00 | Local news Recommendation

皆様初めまして。Heian Residenceマネージャーのシバタと申します。
このブログでは、Heian Residenceのスタッフが京都のことやオススメのお店、近隣のイベントなどを紹介していこうと思っております。

さて、このブログのトップバッターとなった私の投稿は『京都御所』についての記事です。
実は最初のこの記事を書くことが決まる前から、京都御所の参観を申し込んでいたんです。
なんと言いますか、すごい偶然。
春と秋の一般公開を見に行った事はあるのですが、申し込みをしての参観は初めて。

京都御所の参観は、春と秋の2回『一般公開』として行われているものの他に、申込制で随時受け付けているものの2種類があります。
私が行ったのは、申込制の方で、9時にスタートする回でした。
京都御所01

お天気も良く、敷き詰められた白砂とのコントラストも美しいです。
一般公開では観光シーズンに当たり人も多いので、ちょっと外れた時期を狙っていくとのびのびと参観できます。
京都御所02
御所の説明をしだすと長くなりますので省略するとして、京都のど真ん中にあるのに周辺の木々のおかげか静かで、風もさわやかでした。

京都御所03
お庭も常に手が入れられており、建物、庭どれをとっても見ごたえがあるモノばかりでした。

参観は3ヶ月前から申し込み可能です。郵送・窓口・インターネットからの申し込みが可能で、参観料も無料。時間は1時間の通常コースと35分の短縮コースがあります。
京都御所04
海外の方に向けて、英語での説明も行っているようです。歴史から文化的な背景まで説明してくれます。ちょうど、私の参観が終わり待合室に戻ると英語での説明が始まっていました。人気スポットのひとつですね!
この待合室にはロッカーが設置してあるので、荷物を預けて身軽に参観できるのも魅力かなと思います。


宮内庁:京都御所案内

1 1ページ中1ページ目